地域に寄り添える治療院を目指して

皆さん初めまして。だるころ治療院代表の安尾邦湖です。
当院は、2020年3月2日に開業いたしました。地域の皆様のお体のお悩みに寄り添えるそんな治療院を目指しております。
私は、鍼灸を学ぶため大学に通い、学生の頃から自分自身で治療院を開業することが目標であり、その想いをかなえるべく開業を果たしました。
理学療法士と鍼灸師の資格を保有していますので、当院では、運動療法 ・脳梗塞で重病の方も対応可能です。

また女性の皆様の更年期障害の対応にも力を入れています。
開業するまでは20年ほど、スポーツ専門の豊中の治療院で指導をしており、顧客にはオリンピック選手や宝塚の方など、ありがたいことにお身体が資本のお客様に何度もお越しいただきました。
これからも、同じように地域の皆様のお役に立てるよう邁進していこうと思いますので、宜しくお願いします。

プロフィール・保有資格

  • 理学療法士
  • 鍼灸師

鍼灸師・理学療法士(どちらも国家資格)だからこそのお悩みに合わせたご提案ができます。

当治療院では、東洋医学、西洋医学両方の見地から患者様の全体像を診させていただき、施術プログラムや運動メニューを作成します。
「身体がだるい、やる気が出ない」など、病院に行くほどではないが調子が悪い、人に言っても理解してもらえないという体の不調を抱えている方が増えています。
このような体の不調を不定愁訴と言い、医学的には説明できないものです。
単にわがままを言っているだけと受け取られ、適切な対応がとられない場合もあり、ご本人にとっては辛い日々が続きます。
ダルさをコロッと取る「だるころ治療院」では、そのような声に出せない体調不良のお悩みに対して、東洋医学と西洋医学両方の観点から患者様の全体診断をさせていただきます。
丁寧にご説明し、施術プログラムや運動プログラムによって体を整えていくことができます。

「皆様のだるい身体をコロッと良い方向に導きたい!」と言う気持ちから、「だるころ」と名付けた「だるころ治療院」

だるまさんだって転ぶことがある。ころんだ時にコロッと良くしてくれる治療院を目指しています。
三島郡島本町にお住いの方はよくご存じの「水無瀬病院」で10年以上勤務。
病院ではリハビリテーション科長として全力を尽くし、2020年に親しみ深い島本町で開院いたしました。
鍼灸は豊中の「コタニ治療院」にて開院当初から現在に至るまで後輩の指導に当たっています。
プロのスポーツ選手や宝塚の方々を中心に20年間運動指導などを継続、東洋医学専門の治療院に西洋医学的な治療を加えて、新しい治療を展開しています。
また、後輩の指導に関しては、今年で10年目になりますが佛教大学で非常勤講師として物理療法の授業を担当しています。

だるころ治療院「受付」のうーやんがお出迎え。

「うーやん」との出会い、それはまさかの展開でした。
島本町の山の中にあったウナギの養殖場の大将との想い出にまでさかのぼります。
豪快で、面白くて、一緒に多くを語り合って…。大将との楽しい関係がずっと続くと思っていました。
けれど、50代前半の頃、突然の別れがやってきました。
大将が最後に残した言葉は…
「だるころに一匹渡したってくれ!」
これが「うーやん」との出会いです。

うーやん
いらっしゃいませ♪
うーやんが「治療の流れ」をご案内します。
こちらをご覧ください▶『治療の流れ』