三島郡島本町、水無瀬より投稿しています

新たな腰痛のとらえ方

身体的なストレスが腰痛を治りにくくさせていることをご存知でしょうか?

新たな腰痛のとらえ方

明確な原因が特定しきれない腰痛を非特異的腰痛といいます。

腰痛の85%は原因が分からない腰痛「非特異的腰痛」でしたね。

その中には、姿勢や動作に関係する「腰自体の不具合」心理的なストレスに伴う「脳機能の不具合」によるものが有ります。

原因が分からない腰痛のグラフ

腰自体の不具合

腰の不具合とは、MRIや血液検査などの病院で標準的に行われる検査では説明できない異常のことです。

病気になる前段階と言っていい状態です。この時は、自分でコントロールが可能な状態です。

不良姿勢や物を持ち上げる動作などによる繰り返しの負担が、腰自体の不具合(椎間板内のズレなど)をもたらします。

重いものを持って腰が痛くなる(痛くなる以前から実際は腰を痛めている人が多いです。その状態を未病といいます)

まだ、痛みが出てないだけで痛くなる要素は体に持っている状態です。

腰の不具合

脳機能の不具合

脳機能の不具合として身体に現れる症状は、筋肉などの血流不足を生じる仕組みになります。

脳機能の不具合(精神的なストレス)と腰自体の不具合が両方存在する事も有ります。

両立する場合はストレスを取り除かないと、筋肉の違和感がなかなか取れない。

 

心理的な体のストレスが脳の不具合を誘引する

身体の不調

肩こり 腰痛を引き起こすことも有ります。

腰痛や肩こりも、心理的ストレスによる脳機能の不具合として筋肉の血流不足が強まって起こるタイプがあっても特に不思議ではありません。

脳機能の不具合とは別のメカニズムが関与して急性腰痛の発生リスクを高めることもわかっています。

心理的ストレスを抱えた状態で持ち上げ作業をする→作業時の姿勢バランスが微妙に乱れる→身体の椎間板への負担が高まる。

つまり腰自体の不具合による腰痛を発症するリスクが高まるのです。

介護作業時の「急性腰痛予防」という観点からも、心理的ストレス対策が重要と言われています。

※2000年の介護保険制度の導入以降、介護に携わる人の腰痛が多い職業第1位になっています。

バランスが崩れる

直接的な腰痛の原因は身体の中に影を潜めて、心理的なストレスが引き金になって体のバランスが崩れたことで一気に腰痛が発症する。

心理的なストレスの図

心理的なストレスから身体のバランスが崩れて、眠っていた直接的な腰部への不安が堰を切ったように発症するケースも少なくありません。

●不安が腰痛を引き起こす

不安や動くことへの恐怖から腰を必要以上に保護してしまうのです。

コルセットを常用などは「腰が痛くなりそう」と言う不安が頭にある「恐怖回避思考」と言われています。

「また無理をすると、さらに腰痛が悪化するのではないか?」「もしかしたら、もう治らないかも?」などの不安が必要以上に腰を大事にする行動をさせるのです。

現代では、過度の疲労や心理的ストレスが蓄積していると判断できる勤労者には、適度な休養が必要だと言われています。

「腰痛になるから体を休ませる」と言う発想ではなく、「心理的ストレスや疲労(腰痛はその中の一症状)を回復するために休ませる」と言う精神的な部分を休ませる発想が必要になりつつあります。

いずれにしろ、リフレッシュを兼ねた十分な休養が腰痛を予防すると言うことを覚えておいて下さい。

◆最後に◆

 

鍼、灸、ツボ押し、マッサージは体のバランスを整え、健康に向かわせる力があります。

鍼の形状や、お灸の品質も上がり、熟練した技術があれば痛みや跡が残るなどという事もありません。

小さな前兆を見逃さず、早いうちに病気の予見をして身心のバランスを整え、毎日を健康に過ごすことができます。

あなたの健康で豊かな暮らしを当院が全力でサポートいたします。

 

大阪府三島郡島本町水無瀬2-1-1
三島郡島本町、水無瀬で肩こり・腰痛なら心地いい整体とはり きゅうをお届けする鍼灸院
「だるころ治療院」

tel:075-962-0088→スマホなどでタップすると、電話が発信出来ます。

だるころニュース
だるころ 過去ブログ